畳張り替えで快適な空間を作ろう~畳情報満載サイト~

正しい掃除方法

家

入居してみてから、しげしげと眺めれば、なるほど確かにそろそろ貼替えの時期だろうという畳だった。畳床はまだしっかりしているが、畳表は痛みが目立っている。この上に寝転べば、衣服にいぐさが付きまとうだろう。もちろん、そうやっていぐさに塗れる昼寝が気持ち良いだろうことは、却って想像が容易だったが、この様子ではさぞダニも繁殖しているだろうと思えば、やや躊躇われた。
貼替えよりもまず先に、畳の掃除をしなければならないだろう。畳の掃除は、フローリングの掃除に手馴れている人からすれば、ちょっと手間がかかる。簡単に水拭きができるフローリングは、この点では便利だと思う。
畳は、水拭きをしてはいけない。湿気は大敵である。むしろ乾燥させてやらなければならない。天気の良い日は、風通りの良い場所に立てかけて、風を通してやるとよく長持ちする。その際、直射日光に当ててしまっては、色が変わる。却って傷んでしまうから、直射日光に当ててもいけない。大きさが文字通り一畳ほどあるので、すべてを一斉に立てかけて陰干しするというのも難しいだろうから、何日もかけてやるのが良い。

汚れには、きつく水気を絞った雑巾で軽く拭いてやるか、いっそのこと乾拭きでも良い。掃除機を畳の目に沿ってかけて、奥に入り込んだゴミやダニを吸い取ってやると、人の肌にも優しい畳になる。畳と上手に付き合うということは、上手に綺麗にする方法を知るということだ。畳を清潔に維持することで、快適に使用することができ、健康的な生活を送ることができるのだ。