畳張り替えで快適な空間を作ろう~畳情報満載サイト~

楽しい張替えの作業

作業員

ふすま障子のある生活にすっかり慣れた頃、ふとしたことで悪戯心が湧いて出た。格子状の木枠と、白い障子紙を見ると、ついやってしまいたくなるこの気持ち、おそらく多くの方にご理解いただけるのではないかと思う。
さすがに闇雲に穴を空けるわけにもいかないので、隅のほう、これもそろそろ貼替えの時期と思われる、やや黄味がかって見える障子紙に、人差し指を突き立ててみる。幼い頃に体感したことのある、あの何とも言えない、軽い手応えが心地よい。いくつになっても、こうした悪戯はやめられない。これもまた、和室に住む者の特権と言えるだろう。だから、ふすまのない和室ではなく、きちんとした和室を好んだのだ。
さて、突き破った障子紙は、そのまま放っておくと見目が悪い。つい出来心でやったというなら、その後始末も含めての悪戯だろう。障子紙の貼替えを行うことにした。

障子紙を剥がすのもまた楽しいことだ。割と簡単にできる。障子の裏側、つまり、部屋の外側から木枠に沿ってハケで水を含ませてやる。そのまましばらく置いておくと、簡単に剥がれるようになる。水では上手くいかないときは、専用の障子紙剥がしの液も売っている。
すっかり綺麗に剥がし終えた後は、新しい障子紙をあてがい、糊をつけて動かないように重しを置く。普通、障子紙の貼替えは全体を一度に行うが、今回は一部分だけだったのでやや苦労した。
貼替えが終わってみると、その一枚分だけがやけに白く綺麗だ。部屋の中からそれを眺めると、また不意に、今度は別の障子紙に悪戯をしたくなってくる。